MetamaskでNFTが表示出来ません

Share
対応サービス
NFT Shot
作成日時
2022/5/23 1:25
作成者
最終更新日
2022/10/21 5:16
A. MetamskはNFTを表示することには不向きであるため、tofuNFTでの閲覧を推奨しております。
 
発行されたNFTがMetamaskで表示されない場合、MetamaskがNFT画像を参照しているOpenseaのAPIが対応していないブロックチェーンである可能性があります。
弊社が配布するNFTはクライアント様の希望がなければデフォルトでShiden NetworkのNFTを配布しているため、配布されたNFTの確認はMetamaskではなくtofuNFTを推奨しております。
 
弊社ではMetaMaskにNFTを表示させるためのサポートはしておりませんが、ご自身でMetamaskにてNFTを閲覧できるようにするためには以下手順を踏む必要があります。
 
どうしても、MetamaskでShidenのNFTを表示したい場合は以下内容を参考にお試しください。

MetamaskでShidenのNFTを表示する方法

  1. Shiden NetworkをMetamaskに追加
    1. Metamask内の設定→ネットワーク→ネットワークを追加をクリック
    2. CUSTOM NETWORKSタブからshidenNetworkを追加
      1. chainlist:https://chainlist.org/にてshidenNetworkの検索をすると情報の取得が可能です
      2. 必要情報を入力し追加ボタンをクリック
  1. NFTのコントラクトアドレスをMetamaskに入力
    1. Metamaskのトップページ内NFTタブよりNFTをインポートをクリック
    2. 取得しているNFTのコントラクトアドレスとトークンIDを入力
      1. TOFUNFT内に表示されているNFTから確認
  1. NFTが追加されます
※MetamaskでNFTを閲覧する場合は、静止画のみとなりますのでご注意ください