大日本印刷株式会社と業務提携契約を締結しました

Date
2022/7/12
トークングラフマーケティングを実践するSUSHI TOP MARKETING株式会社と、大日本印刷株式会社(DNP)は、2022年7月に業務提携します。
 
トークングラフマーケティングとは、ブロックチェーン上の公開情報から、生活者が所有するNFT(非代替性トークン)を確認し、その人の属性や趣味・趣向等を推測して、親和性の高いNFTの配布や企業の製品・サービスの訴求を行うものです。この仕組みは、ブロックチェーン等の先端技術を活用して分散管理を可能にし、非中央集権的なインターネット環境を構築していく「Web3.0」の実現につながるものとして、世界的に注目されています。投機的な面が注目される傾向にあるNFTや仮想通貨ですが、デジタルコンテンツの真正性の証明が可能なトークングラフの活用は暗号資産の実用的な手段として期待されています。
今回の業務提携によって、コンテンツ事業者とファンをつなぐ新サービスの創出に向けた共同研究を推進します。DNPの、リアルとバーチャル/デジタルとアナログ/モノづくりとサービスのハイブリッドな強みと、SUSHI TOP MARKETINGの、NFT配布やトークングラフマーケティングのナレッジを掛け合わせて、アニメ・マンガ・ゲーム等の知的財産を主な対象としたビジネスの創出を目指します。
共同研究の第一弾として、ファンによる応援活動をブロックチェーン上に記録する「推し活NFT」のサービス開発をテーマに取り組みを開始いたします。「推し活NFT」は譲渡ができないNFTであるSoulboundトークン(SBT)*1の仕様にて未来永劫無くならない推し活の記録となることを目指します。
 
*1 Soulboundトークンについて
Ethereumの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が発表した譲渡不可なNFT。「ソウルバウンド=魂に縛られた」という言葉の通り、NFT取得者は他者に譲渡できないことを前提としている。これまでNFTは自由に売買できることが1つの利点とされてきたが、例えば学歴や資格などの個人に紐づく情報をNFTとして発行し、来るデジタル社会に於ける信用証明の手段として用いることが考えられています。
 
【業務提携のポイント】
〇DNPは、印刷で培った多彩な表現技術やICカード事業等で培った高度な情報セキュリティ技術、安全・安心な情報プラットフォームの運用ノウハウ等を有しています。多様なパートナーとの連携も強化し、リアルとバーチャルの空間を融合させて新しい体験価値を創出する「XR(Extended Reality)コミュニケーション事業」*2などを展開しています。アニメ・マンガ・ゲーム等のコンテンツホルダーとの関係も深く、各社のコンテンツの魅力を高めるとともに、コンテンツとファンや企業等をつなぐ新しいコミュニケーション事業の創出に取り組んでいます。
 
*2 XRコミュニケーション事業について